リウマチの原因|リウマチは甘くて見てはいけない!病院で検査と治療を受けよう

リウマチを疑うきっかけ

リウマチと疑う際には、リウマチについて詳しく知っておく必要があります。リウマチの初期症状として、挙げられるのが朝起きてすぐの状態です。手の場合だと、朝すぐには曲がらなかったり、動かなかったりするとリウマチの可能性があります。その他にもリウマチの症状を疑う症状はあり、それは過労やストレスを多くかかえてしまい、気分が中々すぐれないことや食欲がなくずっと微熱が続いているといった状態などが考えられます。仕事などで忙しいと見落としがちですが、そういった原因こそがリウマチとなってしまうのです。

リウマチに関する口コミ

早期発見でリウマチを完治できつつあります。

リウマチになったのは半年前のことです。リウマチは長期治療が必要とされていますが、今の僕が治りつつあるのは、リウマチを早期発見することができたからなのです。周囲の知り合いにリウマチになった方がいて、初期症状について知っていたので自分にその症状が見られたので、すぐに病院に行き診断してもらうことができました。

リウマチになってものを持つことができなくなりました。

仕事が忙しくて、かなり身体的にしんどいときにリウマチになりました。初期症状があるリウマチですが、そのときは体について考える暇もなく仕事をしていました。すると急に朝を起きたら手が一切動かなくなったのです。時間が経って、少し動くようになったので、仕事の準備をする中でものを持とうとした瞬間手にかなりの痛みを感じて、それからものを持つことができませんでした。これは体で何かが起こっていると思い、すぐに世田谷の病院に行き診断してもらい、その結果リウマチと診断されたのです。

リウマチと向き合うことが大切。

リウマチの初期症状がある中で、ただ単なる疲れという判断で何も気にせずに生活を送っていました。しかし、どんどん症状はひどくなってしまいました。初期症状ですぐにリウマチと向き合っていれば、すぐに治療することができたと思います。そして、今でもリウマチの症状は治ることなく、常に薬を飲みながら症状の経過を見ています。

リウマチの原因

医者と看護師

リウマチと免疫の関係

リウマチの発症には、免疫が関係しています。免疫というのは、体外にあるウィルスなどから守るためにあるものです。しかし、この免疫が異常を起こしてしまうことでリウマチになってしまいます。

リウマチの痛みの原因

リウマチになることで痛みを感じてしまうのは、滑膜が原因です。滑膜は関節の内側にある膜で、関節を動かすために必要な働きを行っているのです。しかし、免疫が異常を起こしてしまうことで、関節の神経を傷つけてしまうため、痛みが発生してしまうのです。

リウマチの進み方

リウマチというのは、進行し続ける病気になります。発症してしまうことで、徐々に痛みが強くなるため、すぐにでも対処しないと生活に支障が出てしまうほどの痛みを感じることになります。人によって、進行のスピードは異なるため、リウマチの疑いがあるのであればすぐにでも治療する必要があるのです。