リウマチの症状別治療法|リウマチは甘くて見てはいけない!病院で検査と治療を受けよう

若年性特発性関節炎が増えている!?

近年では若年性特発性関節炎を発症する患者が増えています。この若年性特発性関節炎というのは、16歳未満で発症するケースのことをさします。この症状には、全身型と関節型の2つのタイプが存在し、治療方法が異なるのです。詳しい診断をしないと判断することが難しいものなので、精密検査を受けて治療を開始しましょう。

リウマチの症状別治療法

診察

薬物療法

リウマチの治療の多くは、薬物療法になります。症状に合わせて薬が処方されるので、医師の指示に従って服用するようにしましょう。リウマチの原因である免疫異常を抑える薬と関節の炎症を抑えることができるのです。世田谷のリウマチ科では基本的に薬物療法が行われているのです。

手術療法

手術治療にも様々な種類が存在します。軟骨が炎症を起こしているのであれば、人工の関節を入れるといった治療方法や頸椎がリウマチによって変形を起こしてしまっている場合には、頸椎を固定するといった治療方法もあるのです。最近では、薬物療法の開発が進んでおり、あまり手術で治すといったケースが少なくなっています。